リラックスした空間に欠かせない間接照明のメリットと注意するポイントとは

こんにちは、照明士の安部です。

おしゃれな空間に欠かせない空間演出の方法として間接照明があります。

間接照明は建築照明ともいいます。建物と一体化して照明器具自体が見えなくてまるで建物自体が光を発しているように感じる事からそのように言われています。

商業店舗や、ホテルなどの施設でよく目にする間接照明ですが、今は住宅やオフィスなどでも積極的に利用されています。しかし、いざ取り入れようとしても、どのように使えば効果的なのかを知っている人は、意外と少ないのではないでしょうか?

ここでは、間接照明のメリットや、効果的な使い方、取り入れる際の注意点などについて紹介します。検討されている方はぜひ参考にしてみて下さい。

間接照明のメリットとは

間接照明と言えば、直線的なライン状の光という空間イメージを思いうかべることが多いでしょう。ペンダントなどの器具の形そのものがデザイン的なものとは違い、間接照明は器具そのものの姿は見えませんが、空間を印象付ける演出には、絶大な効果があります。ここでは間接照明を取り入れることのメリットを紹介しましょう。

空間に奥行が出る

間接照明を取り入れることで、壁や天井に光のグラデーションが生まれて、空間の中に奥行が出てきます。この奥行感というのは、空間の中でとても重要な部分です。普通は、壁の凸凹を利用したり、鏡を利用するなどして奥行感を演出したりしますが、どれも手間がかかったり、自由な場所に設置できないこともあります。

間接照明の良いところは、器具の大きさや灯りの種類、光の調節などがある程度自由にできるところです。器具によっては曲げたりすることも可能なため、複雑な壁の形状にも対応することが可能です。

素材を引き立たせる効果がある

間接照明を壁面などに使うことで、その壁の素材をより強調して魅せる効果があります。例えば、壁面に表面がザラザラした素材感のあるレンガを使っている場合に、そのレンガの素材感がより強調されて、印象的な空間を創り出すことができます。

雰囲気のある空間をつくる

間接照明は器具そのものが見えないため、さりげなく雰囲気のある空間づくりをすることが出来ます。調光のコントローラーと組み合わせることで明るくしたり暗くしたりと細かく調節することが可能です。リラックスしたい場所には、明るさを抑えた使い方がおすすめです。

間接照明の効果的な使い方

間接照明を効果的に使うためには、どのようにすれば良いものか、自分ではなかなか考えることが出来ない場合が多いでしょう。ここでは、効果的な使い方の実例を紹介します。

リビングの天井に使う

リビングやダイニングの天井に、横一列に間接照明を取り入れます。長さのある灯りが、空間の直線的な雰囲気をより強調し、モダンでスタイリッシュな雰囲気の空間を演出します。また、調光コントローラーと組み合わせることによって、明るさを調整できるため、天井面に奥行が生まれ、広がりを感じることが出来るでしょう。

洗面所の鏡に使う

洗面所の鏡の両側や、下面に間接照明を取り入れます。このような使い方は、鏡を浮き立たせるという効果や、空間をドラマティックな雰囲気にする効果があります。高級ホテルなどでも取り入れられている使い方ですね。

玄関収納の下に使う

来客者の印象に残る使い方として、玄関収納の下に取り入れます。玄関の長さを強調出来ることや、床の仕上げがツヤのあるタイルや大理石などの場合は、高級感も出て来客者からの印象も良いでしょう。

リフォームなどの時によくやる人気の間接照明ですね。

玄関が素敵だとそれだけで素敵な家って感じがしますから。

寝室の天井に使う

寝室の天井を折り上げ天井にして、間接照明を取り入れます。調光コントローラーと組み合わせることにより、明るさは自由自在に調節することが可能となります。リラッスクしたいときや、ムーディな雰囲気にしたいときは、極力灯りを抑えるなど様々な演出ができます。寝室はそれほど明るさがなくとも良い部屋であることから、間接照明以外の照明器具がなくとも日常の使い方に不便を感じることはないでしょう。

間接照明を取り入れる際に気を付けること

間接照明を取り入れる際に注意しておきたいことは、明るさの度合いと灯りの色などです。

例えば、思ったよりも明るさが足りなかったり、逆に明るすぎたりということもあります。すべての場所を調光タイプにすれば明るさの度合いを気にすることなく使うことはできますが、調光タイプの器具は、普通の器具よりも高く設定されている場合が多いため、予算についても検討しなければなりません。

また、灯りの色にも、温かみのある色、白っぽい色など種類がありますので、使う場所や期待する効果などとも合わせて相談したほうが良いでしょう。

まとめ

間接照明のシミュレーションは、なかなか自分では難しい部分があります。建築的な造作が必要となることや、光の大きさ、効果など専門家に相談したほうが安心感があるでしょう。今は、LEDの間接照明が普及してきたことで、以前よりも建築的な造作も施工しやすくなりました。他の器具では出せない独特の雰囲気をぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

アイタックでは間接照明の工事も承っています。

御見積は無料で色々アイデアを出させていただきお客様のイメージに沿いつつ効果的な使い方を提案いたします。

間接照明はその場所によって金額が変わってくる事が多いのですが基本工事はこちらになります。

出張料
3000円
埼玉県内の出張料です。
間接照明 /m
5000円
諸経費込で1mあたり5000円になります。3mなら15000円
大幅な造作工事
ASK
職人さんが入らないとできないような工事は職人さんを手配する料金が別途かかります。その場合は要見積です。

Call Now!
Scroll Up